Chip One Stop - Shopping Site for Electronic Components and Semiconductors

チップワンストップ

Menu
United States
Change
English
SELECT YOUR LANGUAGE
USD
SELECT YOUR CURRENCY FOR DISPLAY
About Preferential Rank / Discount

Current price of Item(s) have been applied below.
 


・Preferential Rank and Discount rate will be applied according to your usage of our web service.
・Discount is only applicable to orders from chip1stop web site.
・Discounts may not be applicable to all products and may be subject to MOQ.
・Please contact your representative for details of Preferential Rank.
・No other coupons may be used in conjunction with this discount.

News Center

STマイクロエレクトロニクス、スマート機器の基本機能を集積し、省電力・低コスト・小型化を可能にする8bitマイコンを発表

2018/12/17STMicroelectronics  Microcontrollers


2018年12月17日


STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、コスト重視のアプリケーションを対象とした超低消費電力8bitマイクロコントローラ(マイコン)であるSTM8L001を発表しました。優れた効率を特徴とするSTの8bitコア STM8と、効果的な基本ペリフェラルを集積する同製品は、小型・少ピンのSO-8パッケージで提供されます。


STM8L001は、センシング、通信および制御に関する基本機能をサポートするコンパレータ(2個)、各種インタフェース(SPI、I2C、UART)、8bitタイマ(1個)、16bitタイマ(2個)を搭載しています。 Flashメモリ(8KB)とRAM(1.5KB)により、コスト効率の高いコード / データ保存領域を持ち、Flashメモリの最大2KBをデータEEPROMとして割り当てることもできます。そのほか、32kHz〜16MHzの調整範囲を備える柔軟な内部クロック・システムにより、部品点数の削減および基板設計の簡略化が可能です。


また、STM8L001は、産業用センサ、照明機器、バッテリ充電器、玩具、電気自転車、アクセス・カード、PCアクセサリ、プリンタ・カートリッジなど、コストと消費電力が重視されるスマート機器において、クラス最高の性能と優れたコスト競争力の実現に貢献します。


STM8L001は、最大6個のユーザI/Oを備えているため、開発者はその性能を最大限活用することができます。また、同製品は、STの超低消費電力技術により、すべてのモードで省電力を実現すると共に、Haltモードで300nAまで消費電流を低減できるため、バッテリ駆動機器の長寿命化に貢献します。さらに、柔軟性にも優れた同製品は、1.8V〜3.6Vの動作電圧範囲と-40°C〜125°Cの動作温度範囲により、過酷な環境でも高い信頼性を確保できます。


STM8L001J3は現在量産中で、SO-8パッケージで提供されます。大量購入時の参考単価は約0.21ドルです。


詳細については、www.st.com/stm8lvl をご覧ください。


STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2017年の売上は83.5億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。











Companies Website:
http://www.st-japan.co.jp

STMicroelectronics News Release

Related News Release