チップワンストップ - 電子部品・半導体の通販サイト

チップワンストップ

Menu
日本語
SELECT YOUR LANGUAGE
日本円
SELECT YOUR CURRENCY FOR DISPLAY
優遇ステージ/割引率について

現在の商品表示価格は下記が適用されています。


・お客様のご利用状況によって優遇ステージと割引率が適用されます。
・割引に関しましては当WEBサイトからの直接のご注文に限ります。
・一部優遇ステージ対象割引にならない製品や数量がございます。
・優遇ステージの詳細はお客様担当へご確認ください。
・その他の割引とは併用できません。

ニュースセンター

NXP、暗号化せずにセキュアなCAN通信を実現する新しいCANトランシーバ・ファミリを発表

2018/02/08NXP Semiconductors  自動車

 

自動車ネットワーク向けサイバーセキュリティの普及を促進


2018年2月6日


世界最大の車載半導体サプライヤであるNXP Semiconductors N.V.(注1)は、ソフトウェアや暗号化を必要とせずにセキュアなCAN通信のためのシームレスで効率の高いソリューションを提供する、新しいセキュアCANトランシーバ・ファミリを発表しました。


CANネットワークは電子制御ユニット(ECU)の接続のためにあらゆる自動車で使用されており、今後10年間も重要なネットワークとしての地位を維持すると予測されています。車載電子部品の増加が続く中で、CANネットワーク全体で交換されるリアルタイム・データの量も増加します。


CANは堅牢なマルチポイント接続ネットワークですが、今日に至るまで車内のデータ通信の多くに対するセキュリティ対策が不十分なことから、1個のECUがセキュリティを侵害された場合、接続された残りの複数のECUに直接アクセスできるようになっています。今日市場で普及しているソリューションは、暗号化と複雑な鍵管理に基づくメッセージ認証コード(MAC)によりCAN通信を保護していますが、CANバス負荷、メッセージのレイテンシ、コンピューティング電力消費の増加を伴います。


プロセッサが十分なコンピューティング能力を備えていない場合、既存のECU設計をセキュアなCANメッセージに対応させることは容易ではありません。しかし、セキュアCANトランシーバを使えば、自動車メーカーはすでに使用しているECUに大幅な変更を加えることなく、セキュアなメッセージへの対応が可能になり、既存のECUからセキュアなECUに移行する場合に比べ、よりシンプルかつ迅速にセキュリティ機能を実現できます。


NXPはCANネットワーク向けに、帯域幅のオーバーヘッド、遅延、プロセッサ負荷なしで効率的にセキュリティを実現する純粋なトランシーバ・ベースのソリューションを開発しました。この新しいアプローチは、多層防御(DiD)コンセプトに基づいた追加レイヤとして暗号ベース・セキュリティ・ソリューションを補完するほか、スタンドアローン・ソリューションとしても動作可能です。


NXPの上席副社長兼アドバンスド・オートモーティブ・アナログ ビジネスライン担当ゼネラル・マネージャーのJens Hinrichsenは次のようにコメントしています。「NXPのセキュアCANトランシーバは従来の技術からの大きな飛躍を示すものです。これは、ますます複雑化する車に必要なシステム・リソースの効率化と削減につながります。」


セキュアCANトランシーバのセキュリティ機能
送信側でのなりすまし防止:送信経路でCANメッセージIDに基づきメッセージをフィルタリングし、セキュリティを侵害されたECUからCANバスを保護します。本来割り当てられていないIDを持つメッセージをECUが送信しようとした場合、セキュアCANトランシーバはそのメッセージのバスへの送信を拒否できます。


受信側でのなりすまし防止:送信用に割り当てられたCANメッセージIDを使ったメッセージをバス上で無効にするために、補完的な保護方法が使用されます。これは、万が一、悪意を持ったECUが個々のECUが持つIDを使ってメッセージを送ろうとした場合に自身のIDを守れることを意味します。


改ざん防止:CANバス上でのメッセージ無効化は改ざん防止にも使用可能で、セキュリティを侵害されたECUが伝送に介入したことを知らせる機能を提供します。


フラッディング防止とレート制限制御:送信側からECUごとの送信メッセージの数を常に制限することで、バスのフラッディングを防止し、特定の重要なタスクのためにバスを空けておくことが可能になります。


出典
注1:Strategy Analytics 2016


NXP Semiconductorsについて
NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界35か国強で3万名の従業員が活動しています。2016年の売上高は95億米ドルでした。詳細はWebサイトhttp://www.nxp.com/jp/ (日本語)をご覧ください。


NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RF製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。


NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. (C) 2018 NXP B.V.











企業HP:
http://www.jp.nxp.com/

NXP Semiconductorsのニュースリリース

関連ニュースリリース