チップワンストップ - 電子部品・半導体の通販サイト

チップワンストップ

Menu
日本語
SELECT YOUR LANGUAGE
日本円
SELECT YOUR CURRENCY FOR DISPLAY
優遇ステージ/割引率について

現在の商品表示価格は下記が適用されています。


・お客様のご利用状況によって優遇ステージと割引率が適用されます。
・割引に関しましては当WEBサイトからの直接のご注文に限ります。
・一部優遇ステージ対象割引にならない製品や数量がございます。
・優遇ステージの詳細はお客様担当へご確認ください。
・その他の割引とは併用できません。

ニュースセンター

STマイクロエレクトロニクス、Bluetooth、イーサネット、LTE Cat-M1 / NB-IoT対応スタータ・キットにより、Amazon FreeRTOSのサポートを拡充

2018/12/21STMicroelectronics  IoT


Amazon FreeRTOSとSTM32マイコンがIoT機器の品質およびセキュリティを向上


2018年12月21日


多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、AWS re:Invent 2018において、Amazon FreeRTOSのサポートを拡充する新しいSTM32用スタータ・キットを発表しました。STM32は、業界で最も広く普及しているArm(R) Cortex(R)-M搭載32bitマイクロコントローラ(マイコン)の1つです。


STは、半導体製品と、マイコン用のオペレーティング・システム(OS)であるAmazon FreeRTOSを組み合わせることで、最先端の小型・低消費電力機器のプログラミング、導入、セキュリティ保護、接続および制御を簡略化し、AWSを活用したIoT端末の開発に貢献します。FreeRTOSカーネルに基づくAmazonFreeRTOSは、オープンソースのマイコン用OSとして幅広く利用されており、小型で低消費電力機器をAWS IoT Core等のクラウドサービス、AWS IoT Greengrassを実装したより強力なエッジ・デバイスを、安全かつ容易に接続するソフトウェア・ライブラリによって拡張されてきました。


B-L475E-IOT01Aは、Amazon FreeRTOS向け開発キットで、Wi-Fiと多様なセンシング機能に加え、超低消費電力のArm Cortex-M4プロセッサ内蔵STM32L475を使用することで、さまざまなアプリケーションを実現できます。また、Arduino Uno V3をサポートしているため、LTEモデムやST SIMカードを接続したX-NUCLEO機能拡張ボードを使用することで、LTE Cat-M1 / NB-IoT通信にも対応します。


LTE Cat-M1 / NB-IoT向けソフトウェア・ライブラリX-CUBE-CELLULARが用意されており、セルラー通信の専門知識がなくても新しい組込みアプリケーションを簡単かつ迅速に開発できます。同ライブラリは、BSPのようなAPIを使用することができ、さまざまなモデムのATコマンドが取り揃えられています。ライブラリにはステート・マシンが搭載されており、接続制御やデータ通信のほか、セルラー網に重大な影響を与える通信ロス等のエラー管理を行います。また、セルラー通信認証に必要なGSMA TS34/35サブセットも含まれています。


このスタータ・キットは、SPBTLE-1SによりBluetooth(R) Low Energy 4.2にアップグレードされており、IoT機器をスマートフォンやタブレットのAWS用アプリでクラウドと接続し、ゲートウェイとして機能させることができるほか、最近ベータ版が発表された「Amazon FreeRTOS for BLE」にも対応しています。イーサネット通信には、高性能Arm Cortex-M7プロセッサ内蔵STM32H743マイコンを搭載したNucleo-144ボード「NUCLEO-H743ZI」が対応しており、Arduinoコネクタによる拡張性も備えています。


また、AWS Device Qualification Programによる製品認証を確実に行うための新サービスであるAWS IoT Device Testerにも対応しています。AWS IoT Device Testerによって、STとAWSの技術を組み合わせて利用するユーザは、テスト用インフラやソフトウェアの開発にかかる時間を短縮でき、STM32マイコンを使用した製品で設計どおりにAmazon FreeRTOSが確実に動作させられます。


STのIoT戦略・エコシステム・パートナーシップ担当バイスプレジデントであるTony Keirouzは、次のようにコメントしています。「セキュリティおよび通信用ライブラリを備えたAmazon FreeRTOSは、STM32マイコンを使用するクラウド通信機器の開発におけるターンキー・ソリューションです。私たちは、今回の新しい通信用オプションとともに、AWSの端末とクラウドをつなぐ包括的なソリューションと、STのセンシング、プロセッシング、セキュリティ、通信、電源制御といったIoTソリューションの広範なポートフォリオを組み合わせ、IoT開発を加速させることを目標としています。」


STM32は、STMicroelectronics International NVもしくはEUおよび / またはその他の地域における関連会社の登録商標および / または未登録商標です。STM32は米国特許商標庁に登録されています。


STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2017年の売上は83.5億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。











企業HP:
http://www.st-japan.co.jp

STMicroelectronicsのニュースリリース

関連ニュースリリース