Interviews 仕事と人を知る

Q.入社を決めた理由を教えてください。

最初は「外資系の半導体商社」という言葉の響きに興味を惹かれました。ですから、面接もただ興味本意で受けたというのが本当のところ。ただ選考が進むにつれ、ビジネスやワークスタイルが自身の転職活動の軸としていた「モノが売れていく仕組み作りに携わりたい」という想いとリンクしていることに気づきました。
加えて、前職で広告代理店の営業でしたので、転職活動は無形商材を扱う企業を中心にを行っていたので、「コト」を売っていく商社マンというのが逆に新鮮に感じましたし、何より社歴の浅い社員にも積極的に仕事を任せる風土を知り、ここでなら大きなやりがいを感じられると思え、入社を決めました。

Q.仕事内容について教えてください。

新規顧客開拓や既存顧客の受注拡大が主な役割です。当社のECサイトをご利用いただいているお客様に直接お会いし、ニーズをヒアリングし、どうしたらお客様が抱える問題を解決し、売上に繋げられるかを日々模索し提案していく業務になります。
時には我々が主体となってプロジェクトを企画、提案、実行することもあります。チームや部署の枠を越えた会社としての一大プロジェクトにもなることもあり、責任ある仕事に関わることも多い業務です。

Q.いま携わっている仕事の面白さを教えてください。

お客様は技術部や購買部、営業部などとても幅広いのですが、どのお客様に対しても最適な提案ができることが、強みであり面白い点だと思います。「引き出し」も多くなけければいけない分、多角的にニーズを捉え、提案につなげることができるので、アウトプットの質が上がっていると実感しています。
潜在的なニーズを探りつつ、落としどころを考え提案し、結果に繋がる時はとても達成感を感じます。また担当するお客様の案件については担当トレーダーと協力しながら進めるので、仲間と楽しさも悔しさも分かち合いながら仕事が出来る。それも魅力のひとつだと感じます。

Q.これまでに経験した“大きな失敗”のエピソードを教えてください。

お客様向けに大きなイベントを開催するプロジェクトに参加した時のことです。そのプロジェクトでは責任ある仕事を任せてもらいました。イベントの本番まで約3ヶ月とタイトなスケジュール。決めることも多く、また多くの関係者を動かすプレッシャーもあり、本番の直前になって判断に迷い、行き詰ってしましました。自分のスキルを正しく判断出来ていなかったために、時間のかけ方を誤ってしまったのです。
結果的には、周りの協力もあり無事にイベントを成功させることが出来ましたが、もっと早い段階でメンバーに相談したり、意見をもらうことで、もっと良いイベントに出来たのではないかと反省しました。

Q.“失敗”を乗り越えたからこそ得た、
「自分が成長した部分」とは、どのような点だと思いますか?

時間への意識がとても高くなったと思います。お客様はもちろん、自分自身にも時間は限られている。その限られた時間の中でお客様のニーズに応えられるできるのか、会社に利益をもたらすことができるのか、挑戦する。そういう風に考え方が変わったと思います。成果は時間に比例するわけじゃないと思えるようになりました。逆に時間を意識することで、成果につながると実感しています。ですから、一度のアポイントも大切にするようになりました。限られた時間で、お客様に最大限アピールできるように意識しています。

Q.最後に、これからの目標を教えてください。

当面の目標としては、営業として大きな実績をつくること。そのためにもっと知識や経験を得る必要があります。ですから、知識と経験を得ていくことは、継続的に意識したいと考えています。また「目標」というには抽象的ですが、チップワンストップを利用することが当たり前になっている。そんな商流を生み出したいと考えています。競合他社と比較せずとも利用してしまうような流れを作り出していきたいと考えています。
当社は、能動的に仕事が出来る環境だと思いますので、大きな仕事を信頼して任せてもらえる人材になれるよう、目標に向かって貪欲にチャレンジしていきたいと思っています。