Interviews 仕事と人を知る

Q.入社を決めた理由を教えてください。

就職活動にあたって、私は主に二つの条件で企業を探していました。一つ目は、グローバルに事業を展開していること。二つ目は、ベンチャー企業であることです。日本出身ではない自分にとって、海外で育った文化的背景や語学力・コミュニケーション力を活かしたい想いがあり、スピード感や実力主義に基づいたベンチャー企業に入社したいという気持ちが強かったのです。
その点、チップワンストップは、こうした条件にピッタリ。世界最大規模の米国半導体商社アロー・エレクトロニクスのグループ企業でもあり、社員同士が健全に切磋琢磨しあっている文化がある点に魅力を感じました。

Q.仕事内容について教えてください。

入社後、まずは国内の顧客をサポートする部署に配属。基礎的な業務の流れを学んだほか、会社全体のビジネスのかたちを知りました。やがて、翌年の年明けから海外販売チームへの異動が決定。自らが希望していた部署への配属を受け、挑戦する気持ちに応えてくれる会社の姿勢を感じました。その後は、現在に至るまで「いかにしてチップワンストップの海外売上を伸ばすか」を軸に考え、実行しています。
業務範囲は、海外顧客のサポート業務はもちろん、運用やサービスの改善、営業活動の企画立案など、海外販売に関わるほぼすべて。日々、やりがいをもって取り組んでいます。

Q.いま携わっている仕事の面白さを教えてください。

当社の海外事業は、まだまだ歴史が浅い領域。成長過程のビジネスフィールドです。そのため、様々なことをゼロからつくらなければならない点や、常にチャレンジングな姿勢が求められる点に、面白さを感じます。
私は、三年目で海外販売チームのリーダーとなり、その年から中国法人の立ち上げに関わるようになりました。現地通貨である人民元を使ってサービスを提供できるよう、オペレーションフローの議論に参加したり、それに基づいて大幅なシステム仕様変更を提案したりと、様々な関わりを持ちましたが、そのどれもがやりがいに溢れていたことを覚えています。

Q.これまでに経験した“大きな失敗”のエピソードを教えてください。

一番大きな失敗は、海外販売チームへ異動してきたばかりの時期に、海外のお客様からのお問い合わせに対して誤った対応を、してしまったことです。お客様も私も、お互いが母国語でない英語でのコミュニケーションを進める中、次第に会話がすれ違い、異なる思い込みが発生していました。その結果、商品を間違った納入先に送ってしまったのです。もちろん、大クレームになりました。
事実発覚後は、すぐに電話して、ひたすら謝罪。幸い理解のあるお客様ですぐにクレームは収まりましたが、今後の顧客対応において二度とこのようなミスを起こさないと深く反省したことを覚えています。

Q.“失敗”を乗り越えたからこそ得た、
「自分が成長した部分」とは、どのような点だと思いますか?

海外のお客様とのコミュニケーションにおいては、誤解や齟齬(そご)が生じやすいもの。ですので、より分かりやすい説明や、慎重な対応が求められることを学びました。
また、お客様だけではなく、周囲の同僚やほかの部署のメンバーとのコミュニケーションにおいても、それは同様です。私自身、日本語を母国語に持たない人間であるので、言葉のすれ違いには人一倍気をつけているつもりです。さらに、仕事柄、香港や深センにある支社のメンバーとの会話も多いので、言葉はもちろん、相手の文化的背景や立場を考えることで、より良いコミュニケーションに繋がるよう努力しています。

Q.最後に、これからの目標を教えてください。

まずは、いま自らに与えられているミッションを達成できるよう、精一杯努力すること。そうした仕事を通じ、チップワンストップが世界有数の電子部品、半導体ディストリビューターに成長する一助となれれば嬉しいですね。変化が激しい環境ではありますが、これからも自らが志した目標を忘れることなく、全力で目の前の仕事に取り組んでいきたいと考えています。