ET & IoT Technology 2019 出展製品

Oriental Semiconductor は 2008 年に設立され、多くのコアエンジニアで構成された、技術主 導型の半導体ファブレスメーカーです。
また、技術イノベーションに注目する事で技術革新を行い、半導体デバイスに関するいくつかの特許も取得しています。
2013年の下半期には、独自の SFG (Semi-Floating Gate) デバイス技術が、半導体のコア技術において最初の大躍進を遂げた中国企業として、American Science Journal に掲載されました。
現在、Oriental Semiconductor は中国市場において、高性能のパワーデバイス分野における革新的な存在を示しています。
これら デバイスの製造に関しては、国際的なファンダリー企業をパートナーに迎え、高評価を得ています。

パワーデバイス(MOSFET)

ご購入はこちら

GMOSTM スーパージャンクション MOSFET シリーズ

Oriental Semiconductor の GMOSTM スーパージャンクション MOSFET シリーズは、500V~900V の レンジをカバーし、最大 80A の静止電流と最大 2MHz の動作周波数を提供し、さまざまな電源システムに対して最適な製品です。GMOSTM シリーズは、スイッチング損失と駆動損失を大幅に削減し、エネルギー 効率において新たなベンチマークを示すべく、優れた電力変換システム、高電力密度と効率化を実現します。
今後は、車載向けコア半導体の製造装置の実用化に注力し、国内の産業用および車載用パワー半導体の中核サプライヤーになることを目指しています。また、Oriental semiconductorが保有する多くのコアメモリ特許技術は量産技術として既に採用されており、同社が市場における地位を継続していくため、これらの技術開発を常に継続していきます。