ET & IoT Technology 2019 出展製品

高拡張性ポータブル自動車セキュリティテストベッド

PASTAは、トヨタ自動車により開発されたポータブルで拡張可能な自動車向けセキュリティテストベッドです。
PASTA内には、仕様が公開されているホワイトボックスECU/CGWにより車載ネットワークが実現されています。
自動車の挙動は簡易シミュレータにより確認でき、
CANバスの解析やセキュリティ評価が容易にできるようにデザインされています。

ご質問・ご要望は、こちらの
「お問合せ」からご連絡ください

1. 4つの特徴

Open
PASTAで用いられているECUの仕様はオープンソースであり、
誰でもダウンロードして仕様を確認することができます。
Safe
実車両を使わないで開発できるため、
車両が予期せぬ挙動を起こしても ユーザに危険が及ばない
Portable
小型(3辺計97.5㎝)・軽量(8㎏)で どこへでも持ち運び可能
Adaptable
ECUのファームウェア書換えや車載ネットワークアーキテクチャデザインの変更、
さらに、様々なデバイスを接続することが可能です。

注文はこちら TOPへ戻る

2. 利用例

想定される利用方法

研究者(Researcher)

PASTAを用いる事で、自動車のハッキングの脅威の対策として研究開発されたセキュリティ技術を実装し、また、評価を行うことができます。
また、PASTAを共通のプラットフォームとすることで異なる研究チームがセキュリティ技術の評価を追試することもできます。

開発者(Developer)

ECUやCGWなど車載機器を設計するエンジニアは、製品の実車評価の前にPASTAを使用する事で、実車に近い環境でのセキュリティ評価が可能となります。

教育者(Educator)

テスト環境がコンパクトにまとまったPASTAを使用する事で、テスト環境を容易に準備でき、実践的なセキュリティの教育を行う事が可能です。
解析用の市販ツールであるIntrepid CS社製のValue CANが容易に接続できるよう、OBDⅡ-ValueCAN IF ケーブルが付属します。

注文はこちら TOPへ戻る

3. 販売内容

商品本体

付属品

注文はこちら TOPへ戻る

4. コンテンツ一覧

注文はこちら TOPへ戻る

5. デモ動画

この動画は、PASTAを使用したとき、ミニチュアの車両の挙動にどのように反映されるかを示しています。

展示会当日はテレビ動画を使用したデモを行います。

デモ内容イメージ

注文はこちら TOPへ戻る