ラインナップ

MEMS振動子

ムラタのMEMS振動子は圧電現象を利用し、その機械的共振から一定の周波数を生み出す素子です。
小型IoTデバイスをはじめ、通信モジュール、医療機器、産業機器向けに最適です。半導体ICのチップと実装時の親和性が高く、ICへの内蔵も可能です。

水晶振動子

水晶振動子は、水晶の持つ圧電現象を利用し、その機械的共振から一定の周波数を生み出す素子です。
衛星通信や移動体通信機器から自動車、テレビ、パソコン、さらにはDVD機器など情報家電分野まで幅広い用途に応用されています。

セラミック発振子 セラロック

セラミック発振子(セラロック)は、多結晶体である圧電セラミックスの機械的共振を利用した発振素子です。
自動車電装品、通信機、PC関連機器、メディカル・ヘルスケア機器、家電機器など非常に幅広い用途に応用されています。

関連動画

MEMS振動子

水晶振動子では実現できていない世界最小サイズ、低ESR特性を実現したMEMS振動子をご紹介します。
125゚Cまで高温対応可能なラインアップも追加され、小型IoTデバイスをはじめ、通信モジュール、医療機器、産業機器向けに最適です。

水晶振動子の回路評価 講座(全5回)

これらの原因は水晶振動子を使った発振回路上の「発振停止」「周波数が大きくずれる」といったことが原因かもしれません。このような不具合の発生を防ぎ、安定的な発振を得るためには、最適な回路設計が必要となります。
ここでは豊富な回路評価実績がある村田製作所の回路評価・全5講座の動画と基礎知識コンテンツをご覧いただけます。

  • 【第1回】回路素子の役割編

  • 【第2回】発振余裕度測定編

  • 【第3回】ドライブレベル測定編

  • 【第4回】発振周波数測定編

  • 【第5回】発振特性と定数の関係編