DragonBoard Azure IoT評価キットに含まれるAzureクラウドサービス

まず、簡単にAzureに接続し、可視化をはじめませんか?
TEDからご提供するAzure接続の手順書で、以下の構成が簡単に構築可能です。

商品の購入はこちら

1ボードを管理するためのWindows 10 IoT Core Dashboardをインストール

WindowsのサイトからWindows 10 IoT Core Dashboardをダウンロードします。最初に”Get Windows 10 IoT Core Dashboard”をクリックし、インストールします。

2DragonBoardのイメージを更新するためのDragonBoard Update Toolのインストール

先ほどインストールしたIoT Dashboardを実行し、”新しいデバイスのセットアップ”をクリックします。デバイスの種類に”Qualcomm DragonBoard 410c”を選択します。その後、”DragonBoard 410cにWindows 10 IoT Coreをインストールしています”をクリックします。

その後、インストールするツールのダウンロードのために、上記でクリックしたサイト内の以下の②の項目にあるx86かx64をインストールするPCの環境で選択し、ダウンロードし、開発環境にインストールします。

3DragonBoard 410c用Windows 10 IoT Core OSイメージの入手

DragonBoardに書き込むイメージファイルをダウンロードします。Downloads and Toolsにアクセスし、OSイメージを入手します。

(ファイルサイズ653MBになりますので、多少時間がかかります。)

4ダウンロードしたisoファイルからイメージを展開

ダウンロードしたisoファイルをダブルクリックし、マウントされたドライブ内のWindows_10_IoT_Core_for_QCDB410C.msiファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。

ファイルC:\Program Files\Microsoft IoT\FFU\QCDB410C\flash.ffuが作成されます。

5DragonBoard電源投入

DragonBoard 410cの裏面のS6ディップスイッチを”1000”にし、Micro-USBケーブル挿入後、ACケーブルを挿入します。(Micro-USBケーブルの片方は、開発PCと接続)

6DragonBoard Update Tool起動後、flash.ffuファイルを選択し、”Program”をクリックします。

7ACアダプターとMicro-USBケーブルを抜き、DragonBoard 410cの裏面のS6ディップスイッチを”0000”にします。

8マウス、キーボード、モニターを接続し、ACアダプターを接続し、電源を挿入します。

9Windows 10 IoT Core日本語化

OS起動後、デバイスの設定で、日本語に変更します。

10WiFi設定

DragonBoard 410c のWiFi設定をデバイスの設定で行います。

11Windows 10 IoT Coreのデバイス名をDashBoardアプリより変更します。

DragonBoard 410c のWiFi設定をデバイスの設定で行います。

Windows スターターパックの購入はこちら

日本独占で好評発売中!

※ DragonBoard™410cは株式会社チップワンストップおよびアロー・エレクトロニクス・ジャパン株式会社が日本国内で独占的に販売する商品です。