SPRESENSE 乾電池でAIが動く IoT 向けスマートプロセッサボード

Spresense – 主な機能と特長 –

  • GPS内蔵

    GPS/みちびき/GLONASSに対応複数システム同時受信可能な GNSS高精度な位置測定の取得が可能

  • ハイエンドなオーディオ機能

    ハイレゾオーディオ機能内蔵 (192kHz/24bit) 最大8chのマイクインプットClass-D デジタルアンプ内蔵

  • マルチコアプロセッサ

    低消費電力での駆動を可能にした ARM® Cortex®-M4Fを 6つ搭載

開発環境のインストール方法や
サンプルコードなどはこちら

「SPRESENSE」 メインボードについて

型名 CXD5602PWBMAIN1
CPU ARM® Cortex®-M4F 6個搭載
最大クロック周波数 156MHz
SRAM 1.5MB
フラッシュメモリー 8MB
デジタル入出力 GPIO, SPI, I2C, UART, PWM, I2S
アナログ端子 2ch (0.7V レンジ)
GNSS GNSS, GPS(L1-C/A), みちびき(L1-C/A),
GLONASS(L1), WAAS, みちびき(L1-S)
ソフトウェア Spresense Arduino Library (Arduino IDE)
Spresense SDK (GNU Make)
その他 カメラインターフェース

「SPRESENSE」 拡張ボードについて

  • メインボード
  • ヘッドホン端子

    マイク端子

    SDカードスロット

    I/O電圧変換
    1.8V→3.3Vもしくは5.0V

型名 CXD5602PWBEXT1
オーディオ入出力 8ch デジタルマイク入力
もしくは 4ch アナログマイク入力, ヘッドホン出力
デジタル入出力 3.3V もしくは 5.0V
アナログ端子 6ch (5.0V レンジ)
その他 SDカードスロット

*拡張ボードは、メインボードがなければ動作しません

「SPRESENSE」 カメラモジュールについて

型名 CXD5602PWBCAM1
画素数 2608(H) x 1960 (V) = approx. 5.11 M pixels
駆動電圧 DC 3.7V
IO電圧 DC 1.8V
カメラインターフェース CMOS 8 bit parallel
出力フォーマット Y/C, RGB, RAW and JPEG
制御インターフェース I2C
フィルター IR cut filter
FOV 78°±3°
被写界深度 77.5cm ~ ∞
F値 2.0±5%
焦点 固定焦点

「SPRESENSE」 その他関連商品

センサ関連製品

  • SPRESENSE-SENSOR-EVK-701

    • 加速度、気圧、地磁気のセンサ機能
    • 照明、近接、カラー、磁気、温度、紫外線、脈波など7種類以上のセンサ機能を追加可能
  • SSCI-039284

    • 温度・湿度・気圧センサ
    • Bosch製 BME280 搭載
    • 拡張用の 3.3V系 I2C 端子を搭載
  • SSCI-052580

    • 3軸加速度・3軸ジャイロ・気圧・温度センサ
    • Bosch 製 BMP280 / BMI160 搭載
  • Bluetooth

    SPRESENSE-BLE-EVK-701

    • アンテナ内蔵
    • TELEC / FCC / CE / IC 認証取得
    • スマートフォンアプリ「BLE Tool」でスマホとの簡単な通信確認が可能
  • Wi-Fi

    iS110B

    • アンテナ内蔵
    • TELEC(技適)/ FCC / CE 認証取得
    • Telit社GS2200MIZ搭載
    • IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)に準拠
  • アクセサリ関連

    • ユニバーサル基板
    • 変換基板
    • ピンヘッダ
    • ミニスペーサー
  • 拡張ボード

    PDA01

    • プッシュスイッチ8個搭載
    • Kionix製 KX122-1037搭載
    • 3.5mmステレオヘッドホン/ステレオマイク搭載

Spresense ボードへの電源供給方法

Spresense ボードへの電源供給例
  • メインボード上にある micro USB コネクタによる電源供給ができます(プログラミングも可能)micro USB ポートは、PCからシリアルポートとして認識されます
  • 拡張ボードのVOUTピンに5V±0.25V電源する方法で、他の基板などから電源を供給する場合に便利です
    ※5V±0.25Vの範囲に満たない電圧の電源を接続した場合、メインプロセッサが破壊される恐れがあります
  • 拡張ボードが取り付けられていた場合、拡張ボード上にある micro USB コネクタからも電源供給が可能です
    拡張ボード側の micro USB ポートは、PCからは MSC(Mass Storage Class) と認識されます
  • USBコネクタからの電源供給には、USBモバイルバッテリーをご利用いただくことも可能です確実に動作を期待する場合は、「常時ON」機能をもつUSBモバイルバッテリーをご利用ください

エッジAIシステム開発

ソニーの Neural Network Console と連携すれば、今までハードルの高かったエッジAIシステムを簡単に構築できます。本格的な組込み開発を志向する方には NuttX ベースの Spresense SDK で、Spresenseのもつ能力をフルに活用することができます。